Top > タンスやクローゼットの湿気対策をしたい

タンスやクローゼットの湿気対策をしたい

春から梅雨にかけては暖かくなり過ごしやすくなるのは良いのですが、一方で湿気が多くなることを心配しなければならなくなります。特に、春の間に使っていたジャケットや、セーター類をタンスにしまっておくと、虫食いやカビが発生してしまうことがあります。もちろん洗濯してからしまうのですが、密閉された場所に押し込むようにしまっておくと、折り目に白い綿のようなカビが発生してしまったこともあり、対策しなければと思うようになります。 取り急ぎの対策としては、毎年使い捨ての除湿剤を準備し、タンスの隅に置いたりクローゼットに吊るしたりしています。本当はしまっている服の間には風が通る程度に隙間を空けておきたいのですが、服の数が減らない以上隙間は空けられません。代わりにこまめに引き出しを開いて、空気に触れさせるようにしています。 興信所名古屋
関連エントリー